スタッフブログ

ぬり絵アートで脳活性(^_^)v

ぬり絵は、一見シンプルな作業ですが、

脳にとっては、思いのほか複雑な行為だそうです。

脳全体をバランスよく使う必要があるため、

脳の活性化にも役立つらしいと雑誌で見かけました。

塗り絵のプロセスとして、

  1. 原画と下絵を見る
  2. 原画の色や形を記憶
  3. 全体のバランスをコントロール
  4. 情報を総合し、塗り絵全体をプランニング
  5. 「きれい」などの感情と完成させようとする意欲
  6. 色を塗る手の動きをコントロール

以上のように考えながら手を動かすことで、脳活発になるのだそうです。

 また、脳だけでなく、心にも良い効果をもたらすそうで

溜まったストレスを除去・中和するらしいのです。

ストレスの中でもやっかいな「デイリーハッスル」。

毎日の生活の中で蓄積される小さなストレスらしいのですが、

これらを、塗り絵に夢中になっている間に嫌なことを忘れ

除去するのに効果的とのことでした。

油絵や水彩画などより手軽だし、色鉛筆でやってみたくなりました(^_^)v

category : スタッフブログ | posted at 2011.1.24 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ