スタッフブログ

先週からニュースになっている食品の偽装表示の問題。

高級で珍しいんですよ、ということを売りにしているにもかかわらず、実際の商品がメニューに書いてあるものと違うなんて。

お店に来た客はメニューを見て注文するしかないのに、そのメニューに嘘があってはいけませんね。本当にゆるせない事だと思います。

お客さんが来てくれるために一所懸命になるのが本当なのに、お客さんが来てくれるのが当たり前と勘違いして感覚が麻痺してしまったのかなと悲しく思いました。

信頼を失うのは一瞬。小さいことだとしても嘘をついて騙していた代償は大きいと思います。

お客さんに嘘をついてでも、売上を上げてやろうなんていう考えのお店や会社がなくなりますように。

外食は楽しく幸せな想い出であるべきですね。

category : スタッフブログ | posted at 2013.10.30 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ