業務内容

労使トラブル解決支援サービス

1
労働基準監督署の臨検に備えた必要書類の整備

「労働基準法をはじめとする様々な労働関係法令違反していないかを労働基準監督官が調査する」労働基準監督署の臨検監督が行われることがあります。

臨検の目的

臨検の際に確認される点は、主に次の点です。

1.労働時間管理と残業代等の未払い有無の確認

法定三帳簿(労働者名簿・賃金台帳・出勤簿)、36協定届(時間外休日労働協定)(注)、就業規則、労働条件逼知書(雇用契約書)などが主な調査対象書類になります。


2.就業規則の届け出と周知の確認

労働者数が10人以上の事業場については、就業規則を作成し、所轄の労基署に届け出なければなりません。また、就業規則は、常時各作業場の見やすい場所に掲示するなど労働者に周知をしなければなりません。


3.従業員雇い入れ時の労働条件明示義務履行の確認

採用時に「労働条件通知書(雇用契約書)」を交付しているかどうか、その雇用契約の内容はどうか、が調査の対象となります。これは、事業主が労働基準法で定められた労働条件明示義務を履行していないことが、労使間トラブル発生の最大の原因となっているケースが多いためです。


4.安全衛生管理状況の確認

健康診断の実施状況と実施後の措置方法など健康管理についての確認です。


5.機械設備などの安全管理状況の確認

危険性の高い機械・設備などについては、その場で使用停止などを命ずる行政処分を行います。

労働基準監督署の臨検に備えて必要書類の整備をしておきませんか?

 「労働基準法をはじめとする様々な労働関係法令違反していないかを労働基準監督官が調査する」労働基準監督署の臨検監督が行われることもあります。

確認される帳簿・書類(主なもの)

(1) 就業規則(賃金規程等諸規定を含む)
(2) 労働者名簿(監査では乗務員台帳)
(3) 雇用契約書(労働条件通知書)
(4) 賃金台帳(賃金明細書)
(5) タイムカード(出勤簿)
(5) 時間外・休日労働に関する協定届(36協定書)
(7) 変形労働時間制など必要な労使協定
(8) 健康診断個人票(健康診断結果記録)
 
監査はいつ行われるかわかりません。必要書類は準備し、定期的にチェックしておいて、監査があったときにはすぐ提示できるようにしておくのがよいでしょう。これらの書類の整理で、お困りのことがありましたら、当事務所にお気軽にご相談ください。


2
労働基準監督署是正勧告に対する支援

是正勧告とは、労働基準法の違反がある場合に労働基準監督官が事業所に立ち入って、法令違反の有無を調査し、法令違反があれば是正を求めることです。経営者は法律を知らなかったでは済まされません。
 
この是正勧告を前向きに捉えて、どのような取り組みが、社内風土改革のスタートとして自社に最善の方法で、法令遵守に繋がるのか等対応策の支援を行います。


3
労使トラブル未然防止支援

毎年、労使のトラブル件数は、右肩上がりで増え続けています。労使トラブル事件が発生するとお金だけでなく、経営者も多くの時間を費やされ、その損害は膨大なものとなります。こういうことのないように、事前にその予防策を講じる必要があります。
 
会社の都合だけではなく、従業員の立場も考えた未然トラブル防止対策を行うことにより、社員満足の向上に繋がり、 ひいては御社の顧客満足向上に寄与してくれます。


4
職場のルールブック作成及び定着支援

職場のルールを分かりやすい表現で従業員に伝え、定着させる必要があります。
職場のルールブックを作成し定着させることが、「言った、言わない。聞いた、聞いていない。」といったトラブルも減少し、職場の規律を改善させると共に社内風土向上に繋がります。
 
また、ルールブックの内容を就業規則・会社の理念・年度計画等々とリンクさせることにより更に効果が期待できます。
御社にあったルールブックの作成支援及びそのための教育を通じて、定着支援を行います。

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ