スタッフブログ

「オジサン」

とか、「イラ」 「ゲンゲ」という名前の魚がいます。

どれも未利用魚と呼ばれ、水揚げされても 顔が今ひとつとか、量が少ないとかで、

市場にはあまり流通することが無く、捨てられてしまう魚です。

 その未利用魚を積極的に流通させようと、高知県須崎市の仲買人さんが頑張っています。

ネットで知り合った東京や神奈川の居酒屋さんへ、その日のうちに「オジサン」を届けます。

その居酒屋さんでは「オジサンの刺身」とか「ゲンゲの煮付け」とかいうメニューがあり、

お客さんにも好評だそうです。

 一度私も「しいら万作」という名前に惹かれて購入し、塩焼きにして食べてみたことがあります。

これはちょっと小骨が多くて、食べるのに疲れました・・・・(^_^;)

ぜひ「オジサンの刺身」を食べてみたいな。

category : スタッフブログ | posted at 2009.7.1 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ