スタッフブログ

『食堂かたつむり』

という本を読みました。

 珍しい料理のメニューあり、母と娘の確執がほどけていく過程など、

全体にやさしい感じの本なのですが、途中、リアルな場面も・・・。

 飼っている豚を解体し、それを調理し、食べる・・・という場面。

「食べる」と言うことは、日々、そういうことの繰り返しなんだ・・・と

気づかされた場面でした。 感謝、ですね。

 もうすぐ映画化されるらしい。観てみたいな。

 

category : スタッフブログ | posted at 2010.1.25 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ