スタッフブログ

すっきり~♪

末広町の県病院の前の道を通るとき、

お寺に赤穂浪士ゆかりのお寺と書かれていたり、

12月の討入りの日にはお祭りをしていたり、

何でこんな所で忠臣蔵?とずっと思っていました。

その理由が先日読んだ本で分かりました(^^)

討入り後、47人の浪士は4つの藩の江戸屋敷に預けられ、その1つが伊予松山藩でした。

その内の2名の切腹の介錯人(出来るだけ楽に絶命出来るよう後ろに立っている人)が、

宮原久太夫という方で、二人の遺髪を持ち帰り、自分の菩提寺で供養したのが理由なんだそうです。

なるほど~スッキリ~です♪

疑問に思いながら通り過ぎていましたが、今度行ってみようと思います。

縁とは不思議です=^_^=

category : スタッフブログ | posted at 2014.9.17 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ