スタッフブログ

そろそろ事務所も大掃除しないといけませんね~

日常、ぞうきんやタオルを絞っていますが、正しく絞れる人はおよそ4割で、

あとの6割は誤った絞り方をしているという調査結果があります。

誤っている人の多くは、ぞうきんを横に持つ「横絞り」。左右ともに順手になる

ため、力が入らず十分に絞ることができません。

うちの娘もいまだにそうなのですが、子供は特に「握り絞り」が多く、水滴ポタ

ポタ状態。

正しい絞り方は、ぞうきんを縦に持つ「縦絞り」で、脇を締めながら向こうに押

すような感じで、手首を内側に絞りこむ方法。剣道の竹刀やゴルフクラブを握っ

たきのような感じですね。すると、順手と逆手でねじるため、無理なく力が入っ

てしっかり絞れるそうです。

なかなか間違いに気づくチャンスもなく、支障があるわけでもありません。

でも、目上の方は、案外こういうところを見ています。

あらためて自分の絞り方をチェックして、NGだと思ったら、「縦絞り」に直して

みてください。

長年のクセはすぐには直りませんが、きちんとできると気持ち良く、絞るしぐさ

もサマになりますよね。

子供たちにも教えていかないといけません・・・。

category : スタッフブログ | posted at 2012.12.19 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ