スタッフブログ

世の中にたえて桜がなかりせば・・・

『世の中にたえて桜がなかりせば春の心はのどけからまし』

毎年桜が咲き始めるとこの歌を思い浮かべてしまいます。

古典が好きな方や百人一首、『ちはやふる』にふれたことがある方ならば

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

1000年以上も前に在原業平が桜がいつ咲くのか、散ってしまうのではないかと

気になって心が穏やかに過ごせない心情を詠んだものです。

 

もし本当に桜がなかったら・・・と考えてみました。

花粉症と年度末・始めの沢山の仕事にとてものどかに過ごせそうにありません。

世の中にたえて桜がなかりせも私の心はのどかべからず・・・

ちなみに本日の義農神社の陽光桜?とソメイヨシノ

陽光桜は散りはじめ、ソメイヨシノは3~5分咲きくらいです。

category : スタッフブログ | posted at 2022.3.28 | posted by c.n

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ