スタッフブログ

取りあえず「2」と「9」で割ってみる?

先日、インターネットを見ていると、そんな記事がありました。

何それ?と思って読み進めていくと、帳簿の残高が合わない時、差額が

「2」で割りきれる時は、プラスとマイマスを逆に入力している可能性があり、

「9」で割り切れる時は桁違いか、

   数字の一部を逆に入力している可能性があるそうです。

例えば「2」で割る場合

プラス31,400をマイナス31,400と入力している場合

差額は62,800→2で割ってみる→割り切れた31,400→

入力した中から31,400という数字を探す→あった!間違ってマイナス入力している。

こんな感じで「9」で割った場合も載っていました。

闇雲に探すよりは、ずっと楽そう・・・これで駄目なら地道に探すだけですが(>_<)

これを思いついた人は凄いな!!と一人で感激致しました♪

category : スタッフブログ | posted at 2012.4.26 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ