スタッフブログ

宿題代行ナントカ?

3番目の息子(中3)の夏休みがついに終わり、

すっかり、どこからどうみてもおばさん確定となった気がする。

夏休みの宿題にとやかく言わない方ですが

読書感想文を、過去に読んだ本でやっつけようとしているので

いくらなんでもそれはいかんよ。と

オススメの本を長女に頼んでおいた。

森絵都さんのカラフルだった。

ナイスセレクトだったようで

あっという間に読んで、書けた!らしい。

「結末にすごい驚いて、一人で部屋で読んでいたのに

うわーっ!!と叫んでしまった」

そうです。

「本でこんなに感動するって思わなかった。映画でもドラマでもないのに

鳥肌がたった」とも。

よかった~・夏休みの宿題の意義は、これだ。

絵画や感想文などで宿題代行サービスなどがあるそうだけど、

これに対して、

「自分でやらないかんものはやらないかん。」

などでない返しがみつからないかな~と思案していた矢先だった。

この年頃にしか得られないみずみずしい感動を、

評価のために大人が奪ってはいけない。

これが一生ものになるのに。

まさに

自分のあるじは自分である、

へ一歩一歩(^.^)

category : スタッフブログ | posted at 2014.9.3 | posted by Y.K

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ