スタッフブログ

最終手段、「評価しない」という選択肢

先日、気になるコラムを読みました。

ストレスをためないようにするための、1つの方法として、

相手を「評価しない」という行動をとるというものです。

よく、自分の価値観や基準で物事を考えるのではなく、相手の立場に立って考え、かつ「受容的」な態度で接することによって、ストレスとうまくつきあうことができる。

…というのは、聞いたことがありますが、「評価しない」とはどういうことだろう?

そう思いながら、読み進めると…

どうしても、受け入れられない言動や、接し方をしてくる人に対して、「怒り」「つらい」などの感情を抱くことを最初からしないようにするというもの。

そのためには、その人と自分との間に透明のガラス(バリア)があるイメージで接し、客観的にその現象をとらえ、そこに何の評価もしない。(=評価する価値のないものとしてあつかう。注意※表面上はきちんと受け答えをする。)

というものでした。

…いろんな意味で、最終手段だとは思いますが、どうしても“無理っ”と思ったら、使ってみるのもありかもしれませんね(^皿^)♪

category : スタッフブログ | posted at 2013.2.27 | posted by E.Y

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ