スタッフブログ

豪豆乳飲料で集団訴訟!?

オーストラリアで、日本製豆乳飲料を飲んで、健康被害集団訴訟!という記事…

健康食品の代表みたいな、豆乳でなんで?

気になって、その記事を読み込むと…

豆乳飲料の中に、基準値をおおきく超える量の「ヨウ素」が含まれていて、甲状腺疾患になっているとか。

この「ヨウ素」、日本人にはおなじみの昆布に多く含まれる成分。

(※摂取しすぎても、足りなさすぎても甲状腺に影響の出る、結構気をつけないといけない栄養素みたいです。)

でも、豆乳関係ないやんっ

そう思いながら読み進めると…

実は、うまみ成分として、飲料に昆布を大量に添加しており、消費者は知らず知らずのうちにヨウ素を摂取しすぎたということ。

もともと、オーストラリアではヨウ素を摂取するのが難しい食文化の国で、わざわざ、食塩にヨウ素を添加したものが多く出回るようなお国柄。

そんななか、急に大量のヨウ素を摂取してしまったために、過剰摂取による健康被害が出てしまったようで。

日本人はヨウ素に対する、耐性が出来ていて、取りすぎで健康被害が起きることは稀みたいなのですが…

耐性の少ない、オーストラリアの人には健康被害が出てしまったみたいです(T_T)

日本の製造メーカーさんには、きっと悪意なんて無かったのだろうけど、、、

これから、きちんと被害にあった人たちと、向き合っていかないといけないですね…

この記事を読んで、なんでもかんでも鵜呑みにせずに、消費者の側も、良く吟味して食べないといけないなぁ、と思いました。

category : スタッフブログ | posted at 2013.1.24 | posted by 山本

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ