スタッフブログ

せめて思い出の品を探して・・・

宮城県南三陸町は、津波による被害が大きかった地域で、

がれきの中からアルバムや記念品などを探すボランティア

「思い出探し隊」を募集してそうです。

テレビで思い出探し隊のおじさんが写っていました。

また、ボランティアの女の子も涙を浮かべながら作業していました。

瓦礫を掻き分け、写真や思い出の品を拾っては乾かし、

持ち主にかえすのだそうです。

「ゆくゆくは大きな施設で公開しみんなに返せるといいな」

とおじさんは話していました。

おじさんたちのおもいがとどくといいなと思います。

1枚1枚の写真がその人の手に戻ることを願っています。

本当に写真1枚で笑顔になれることもあります。

被災者の方が少しでも癒されたらと願っています。

category : お知らせ | posted at 2011.4.8 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ