スタッフブログ

やる気が出る「脳」のだまし方 

脳は飽きっぽくできているそうです。

「三日坊主」が多いのが当然?

解決策は「脳をだます」ことだそうです。

一つのポイントは「淡蒼球(たんそうきゅう)」という脳部位です。

淡蒼球は「やる気」や「気合」など日常生活で大切な基礎パワー

を生み出すといわれています。

 例えば、一つのスイッチは身体。

身体は脳の支配下にあると思われがちですが、

本当はで、カラダが主導権を握っているそうです。

「笑うから楽しい」、「やる気が出たからやる」のではなく

「やるからやる気が出る」のです。

起床のリズムを崩すことなく、趣味や勉強の時間もあらかじめ

決めておくとか、場所の移動も効果的。

寒いからついついおっくうになりがちですが、

「動くこと」で脳を

だましてやる気をだしてみましょう・・・(^_^)v

category : お知らせ | posted at 2010.12.15 | posted by 所長

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ